お水

お水を飲むとニキビに良いって本当?

ニキビのケアの方法として、一日に1〜2リットルの水を飲むと良いと言われています。
初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれませんが、ニキビと水分には遠からぬ関連性があります。
まず水を飲むことで、血液中の老廃物が排泄されやすくなります。

特に普段から糖分の多い清涼飲料水を飲む方や、夜間は晩酌のためにアルコールを主に飲んでいる方などは水に切り替えるだけでも肌の調子に変化がみられやすくなります。
一日に1〜2リットルの水分は人間の生活に欠かせない量であると言われています。
飲み過ぎではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、汗や尿などの他に血液を循環させるためにも、新鮮な水分は必要不可欠です。

新鮮な水は肌のターンオーバーを促し、細胞を活性化させてくれるので、新鮮な皮膚を作り出すためにも有効です。
血液も綺麗になって、その結果が肌にも表れてくるので、生活習慣病などの予防をしながらニキビケアができます。
効果的な水の飲み方としては、一日の総摂取量を1.5リットルから2リットルの間に抑え、一回に飲む水の量はコップ1杯にすると良いのだそうです。

つまり、数回に分けて水を小分けに飲むことで、血液は濁りが少なくなり、肌の状態も良くなるということです。
ただし水だけで肌が美しくなることはありません。
新しい細胞を作るためには栄養の摂取が不可欠です。

毎日の食事もおろそかにせず、三食をしっかりと摂ることが重要です。
水を飲むタイミングとしては、寝起き・朝、昼、晩の食事時・入浴後などを目安にすると良いでしょう。
スポーツの後や、サウナなどで汗をかいた後にも新鮮な水を補ってあげるようにします。
もちろん普段から食生活も正し、肌の代謝を促進するビタミンなどの栄養素を摂るようにして、バランスの良い食事を心がけることがニキビケアの基本です。
水を飲むことで便秘や胃もたれ、血液の状態などを改善し、体の内側からニキビケアをしていきましょう。

Copyright(C) 2013 日常で悩まされるコンプレックスを解消 All Rights Reserved.