お水

ニキビが出来たら病院に行ったほうがいい?

なかなか治らない場合はは、放置したり自分で潰したりせず、皮膚科での治療をおすすめします。
軽いニキビだと思っていたら同じ場所に次々と出来てしまった、という方も少なくないと思います。
本記事では、安心してニキビ治療をしていただけるように、皮膚科で行われるニキビ治療について紹介しています。

皮膚科で行われる治療では、体調や食生活、生活習慣などを問う問診から始まります。
次に医師と対面してニキビの発生部位を見せるなどして検査を行います。
あまりにも炎症が酷い場合や広範囲に広がっている場合などは血液検査やホルモンバランスを調べる処置が取られる場合があります。
皮膚科に行ってまで血液検査をしたくない…という声もありますが、血液から分かることは意外に多く、体調を詳しく把握するためにも重要なプロセスです。

怖がらずに血液を診て貰うようにしましょう。
検査を終えた後は、随時医師からの説明やカウンセリングが行われ、薬が処方されます。
肌や体質、症状に合わせて柔軟に薬が処方されますが、合わない場合は次回の診察時に申し出ることで別の薬に変更して貰えます。
初回は医師の説明に従い、正しく薬を用いるようにしましょう。

ニキビの状態によっては、いくつかの処置を組み合わせて治療する場合もあります。
処方される薬の中でも多いものとしては抗菌薬が挙げられます。
抗菌薬には塗り薬と飲み薬があり、発生部位や症状の重さにあわせて炎症を起こしたニキビに使われています。
また、ニキビ治療の中には、圧を加えて芯を出す施術なども行われます。

専用の器具を使って、毛穴からつまっている皮脂や角質などを物理的に取り除きます。
また最近では、皮膚を美しく再生させるための「ケミカルピーリング」も行われています。
フルーツ酸などの働きで古い皮膚をはがし、新しい皮膚へと再生を促します。

ニキビといっても段階や範囲は人によってさまざまです。
また男性か女性か、体質や生活習慣によっても違いがあり、外用薬と内服薬のどちらが適しているかは自分では判断ができません。
まずは医師とよく相談のうえ、症状に合わせた治療計画を立てるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 日常で悩まされるコンプレックスを解消 All Rights Reserved.