お水

ニキビができたときのスキンケア

どんなにスキンケアを念入りにして、正しい生活習慣を送っていても、ホルモンバランスの関係上ニキビができることはあります。
もしも思わぬニキビが出来てしまった場合、適切なケアをして様子を見るようにしましょう。
いきなり潰したり手で触ったりすると、ニキビ痕ができたり、さらに状態が悪化する場合があります。
また、混同される方も多いと思うので、ニキビと吹き出物の違いについても見ておきましょう。

ニキビが出来たときのスキンケア方法として、油分を使っていない「オイルフリー」のクレンジングや美容液を使うようにします。
ファンデーションやパウダーなどの化粧品も、油分を含んでいないものを使うようにするとより効果的です。
オイルフリーのスキンケア製品を使う理由として、オイルクレンジングはその名の通り油分が含まれています。

毛穴の中に油分が入り込んで、ニキビがさらに悪化したというケースも多くみられます。
また、クレンジングの後の洗顔料は洗浄力の強すぎないものを選ぶようにします。
男性用の洗顔フォームなどは特に洗浄力が強く、肌に必要な皮脂まできれいに取り除いてしまい、より皮脂を分泌させてニキビを作る原因となる場合があります。

特に朝などは皮膚がターンオーバーを迎えたばかりですので、洗浄力の強い洗顔料を使うと肌に負担をかける可能性があるため、弱酸性など肌にやさしい洗顔料を選ぶようにしましょう。
ニキビができると、あれもこれもと色々な薬を塗ったり、洗顔の回数を増やしたりとさまざまなケアを行う方がみられます。
しかし、過剰な洗顔やケアはかえって肌状態を悪化させてしまう原因になります。

特に乾燥肌や敏感肌の方は肌に刺激を与えすぎないよう、色々な方法を試さず、肌にやさしいスキンケアを心がけましょう。
ニキビができた部分には、ピーリングや角栓落としなど刺激の強いものは使わない方が良いでしょう。
ニキビは角質が原因だからといって自分で無理に取り除こうとすると、肌に刺激を与える原因となってしまいますので、どうしても心配な場合は皮膚科を受診するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 日常で悩まされるコンプレックスを解消 All Rights Reserved.