お水

ニキビができやすい場所

ニキビは10代の思春期のうちに多くみられる皮膚の病気の一種です。
20代以降はその時の体調によってニキビが増えたり減ったりするものですが、それだけが原因であるとは限りません。
ニキビは実は、身体の調子を示すバロメーターにもなっています。

特に発生する部位によって、どこに不調があるかを読み取ることができると言われています。
そこで今回は、ニキビの発生部位とその対処法について紹介したいと思います。
出来る場所として多く挙げられるのが、おでこです。

思春期の象徴でもある部位で、10代のうちはおでこにニキビができやすく、逆に大人になってからおでこにできる場合はホルモンバランスに乱れがあるか、シャンプーや整髪料などで頭皮が刺激されすぎていると考えられます。
次に発生部位として多い場所が鼻と鼻回りです。
鼻には毛穴が多く集まっており、顔の中でも特に皮脂の分泌量が多いため、外部からの刺激(紫外線や日光、ほこりなど)や分泌物(皮脂や汗など)、さらに化粧品(ファンデーションやパウダーなど)によって新陳代謝のサイクルが乱れ、角質が厚くなり毛穴が詰まりやすい場所でもあります。

おでこから鼻にかけてのラインは「Tゾーン」と呼ばれていますが、Tゾーンは顔全体の中でも皮脂の分泌が多い部位で、それだけニキビも発生しやすいと考えられます。
Tゾーンは常に洗顔で清潔に保ち、角質を厚くさせないようにメイクを厚塗りしないよう心掛けましょう。
また脂性肌の方は拭き取りシートなどを使って、浮いてきた皮脂を取り除くようにすると良いでしょう。

また、それ以外の場所として多いのが口の周辺です。
この部位は胃腸の調子が弱っている時にニキビが出来やすいと言われており、油ものなどを控えた健康的な食生活に改善すると良いでしょう。
あごやあごの下、首などにもニキビができる場合があります。
この部位はおでこ同様、ホルモンバランスの変化によってニキビが出やすくなります。
ホルモンバランスを整える直接的な方法はありませんが、ストレスを溜めすぎない、生活習慣を乱さないように心掛けることで改善が見込めます。

Copyright(C) 2013 日常で悩まされるコンプレックスを解消 All Rights Reserved.