お水

ニキビと吹き出物の違いって?

ニキビと吹き出物は違うものとして扱われていますが、どちらもホルモンバランスの乱れや不調が影響することによって起きる皮膚の病気です。
両方とも毛穴の中に皮脂などが詰まってできるものですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?
ニキビと呼ばれるものは、多くの場合10代の成長期にみられるできもののことです。

男性ホルモンや黄体ホルモンなどの影響によって毛穴に皮脂が過剰に分泌され、ニキビが発生します。
吹き出物は睡眠不足や栄養バランスの悪い食生活、その他ストレスがかかりすぎることで新陳代謝が悪くなることで発生します。
肌に発生するできものは全般的に吹き出物と呼ばれますので、おできなどもできものとして扱われる場合があります。

ニキビは主に顔や背中、胸元などにできます。
10代のうちは顔のTゾーンやおでこなどに多くみられますが、年齢が進むにつれて顔のなかでも下の方へと発生部位が下がることが特徴です。
20代以降はもみあげ付近やあご、口元などに多くみられます。

対して吹き出物は、顔だけでなく全身に発生するできものです。
ニキビができる部位はもちろん、お尻やふとももなどにも発生します。
掻き擦ったり無理に潰そうとすると菌が「飛び火」し、他の場所にも吹き出物が移る場合があります。

ニキビは赤みや痛みなどが伴い、炎症としての意味合いが強くなります。
それに対して吹き出物は痒みを伴うため、一見大した問題ではないできもののように感じてしまいますが、絶対にかかないようにしましょう。
指先や爪についているさまざまな菌が、知らないうちに毛穴から内部に入り込んでしまい、腫れが大きくなる危険性があります。

ニキビや吹き出物は年齢的な原因もありますが、食べ物や生活習慣、体質、病気治療に伴う副作用などとしても表れます。
まずは生活習慣を改善し、食べ物などにも気を付けながら予防していくことが大切です。
もしもこれらのできものが出来た場合は、放置せず病院へかかるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 日常で悩まされるコンプレックスを解消 All Rights Reserved.