お水

ニキビを予防する方法

ニキビを予防する場合、10代と20代以降では方法が異なります。
10代のうちは身体が出来上がっている途中であり、新陳代謝も非常に活発なので、ニキビができやすい環境にあることを抑えておきましょう。
ホルモンの関係上皮脂の分泌が非常に盛んです。

10代の方は、普段から額や鼻を中心に、顔全体に皮脂が溜まらないように拭き取りをこまめに行うようにしましょう。
学校帰り、部活動の後、あるいは外に出かけた後など、定期的な洗顔が必要です。
またニキビができても触ったり潰したり、痒いからといって掻きこするのはNGです。

薬をつける場合も、手で直接触らないようにします。
ホルモンバランスが乱れやすく、かつ成長期である10代のうちは誰しもがニキビのできやすい環境にあります。
少しでもニキビを目立たせないためには、普段から汗や皮脂などを拭き取る習慣をつけておくと良いでしょう。

20代以降はすでにホルモンバランスも安定しており、成長期特有のニキビができる心配はありません。
しかし逆にお酒や煙草などの生活習慣や、偏った食事、睡眠不足やストレスなどがたまりやすい環境にあるため、ストレスをかけない工夫をするとともに、生活習慣などをしっかりと見直すようにしましょう。
女性は油分を含んだファンデーションを使わないように、もし使う場合は薄く塗るようにしましょう。

また、ファンデーションの上にチークパウダーやハイライトなどさまざまなパウダーを厚塗りしている方もみられますが、毛穴を塞げば塞ぐほど油分が奥に溜まり、ニキビのできやすい環境を作り出してしまいます。
帰宅したあとは肌を放置せず、クレンジングなどを使ってきれいに落とすようにしましょう。
年齢に関係なくニキビの予防に重要なことは、やはり栄養バランスのとれた食生活です。
特に皮膚の新陳代謝を促進してくれるビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどを摂ると抗酸化作用を肌に与えるので、ニキビ痕の残りにくいきれいな皮膚が生産されていきます。
肌の修復を促す栄養素を継続的に摂取するようにして、美しい肌を目指しましょう。

Copyright(C) 2013 日常で悩まされるコンプレックスを解消 All Rights Reserved.